江戸東京博物館。。。

  • 2010.07.11 Sunday
  • 23:47
JUGEMテーマ:東京の写真

夕方にやっと江戸東京博物館に到着。

この中の常設展示室を巡りました。

迫力のある大型模型も展示されています。

写真の撮り甲斐がありました。

でも、撮ることに時間を掛け過ぎて、最後は閉館時間ギリギリに

まず、入り口を入ると復元された日本橋があります。
そこの上から撮った芝居小屋 中村座の大型模型です。

IMG_7366a_2_1.JPG

館内は暗めで、フラッシュOKの物も多々ありまして、外付けストロボを使って撮っていましたが、
PCに落としてから確認してみれば、満足できる写真はやっぱり少なめ

マシな写真を載せていくとします。

こちらは江戸時代の代表的な呉服屋「三井越後屋」の店先(駿河町)を再現したもの。
なんとかブレてなさそう・・・

IMG_7442a_1.JPG

三井越後屋の創始者・三井高利(たかとし)は、1673年京都に呉服の仕入店を設け、江戸に
販売の店を開いたそうです。

IMG_7440a_1.JPG

江戸店は、当初本町二丁目に置かれ繁盛したが、呉服仲間の反感を買い、1683年駿河町に
移転したそうです。

IMG_7441a_1.JPG

高利は、金融業にも手を広げ、江戸、大阪、京都で両替商を営み、やがて幕府の公金を扱う
御為替御用(おかわせごよう)も勤めたそうです。

IMG_7445a_1.jpg


IMG_7444a_1.JPG

中の様子も撮ってみました。

IMG_7446a_1.JPG


つづきでは、両国橋 西詰の様子の模型の写真を・・・


相当何枚も撮ったけれど、ブレブレ三昧^^;でした。
なんとか、プレてなさそうなものを・・・

IMG_7466a_1.JPG

両国橋の西詰の広小路には、見世物小屋、髪結床、水茶屋などがいくつも立ち並び、寿司・てんぷら・
うなぎなどの屋台やスイカ売り、朝顔売りなどの物売りや大道芸人も多く集まったそうです。

上の写真だと、橋をメインに撮っていますので、奥の方に写っているのがその様子ですかね。

それにしても、物凄い人の数で、賑わっている様子が表現されていますね。
天保の改革の取締りの記録をもとにして、改革前の盛り場の姿を再現した模型だそうです。


夏の間は、花火見物に興じる屋形船、屋根船、猪牙(ちょき)船が浮かび、その間を物売りの
ウロ船や花火船が行きかったそうです。
意味わからずの船の名前が色々出てきていますけれど・・・

IMG_7463a_1.JPG

まだ写真は続くのですが、今日はこの辺で・・・^^;

  アクセスありがとうございました。
今日の写真も一所懸命撮りました。クリックしていただけたら嬉しいです。
      にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
        にほんブログ村

スポンサーサイト

  • 2019.06.06 Thursday
  • 23:47
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    profile

    ブログランキングなど

    下のバナーをクリックして開いたページの各クリック募金協力サイトを訪問(クリック)するだけで、1クリック1円を寄付することができます。 1日1回ずつ寄付できます。
    JWordクリック募金



    Blo-Lin カテゴリ「芸術と文化」→「写真」にて現在トップに表示してもらってます(*^_^*)
    管理人さんがつけてくださったコメントに感激です(^O^)/
    個人ブログリンク集 Blo-Lin

    ブログパーツUL5

    selected entries

    Latest entries

    categories

    archives

    お知らせ

    使用カメラとレンズ等はプロフィールに記してあります。

    recent comment

    recent trackback

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM